プロフィール

経歴・基本的なスタンス

【経歴】

こんにちは。秋葉原心理オフィスMAY(メイ)の猪野 哲(いの さとし)と申します。
心理カウンセラーとして11年の経験があります。

私は、2009年3月に臨床心理士指定大学院を修了後、精神科・心療内科クリニック、または精神科病院にて心理療法、および心理検査に携わってきました。医療機関以外では、スクールカウンセラーや教育相談機関の相談員として、小中学生やその保護者の方への心理カウンセリングに携わってきました。

来談される方がお気持ちの流れや心情をできるだけ自由に表現できることを大切にしつつ、時にサポーティブな質問や所感をお伝えすることで、悩みを解決するための糸口をご自身でつかめるような心理療法・カウンセリングを中心に実践してまいりました。

【基本的なスタンス】

今でも、心理療法・カウンセリングのスタンスは、来談される方がお気持ちの流れや心情を自由に表現できることを大切にしつつ、時としてサポーティブな質問や所感をお伝えすることで、悩みの解決への手がかりをご自身でつかんでいただけるようにサポートする姿勢を大切にしております。

そうした基本的なスタンスを大切にしつつ、トラウマや心身に関わる悩みへの効果が科学的に実証されている方法を加えて取り入れるようになりました。

EMDRや催眠法に基づいた心理療法、催眠法によらないイメージ療法、ブレインスポッティングなどです。来談された方の状態、ニーズに応じてそれぞれの方法を柔軟に用いた心理療法・カウンセリングをご提供しております。

なお、EMDRとの出会いやトラウマケアを志していこうと思った経緯に関しましては、トラウマケアとの出会いというブログのページでもう少し詳しく記載しております。そちらもお読みいただけたら幸いです。

メッセージ

悩みや傷が全くない人生はありません。また、その時はなくても、生活をする中で何らか悩みが生じたり、不運にも心の傷を負ってしまうこともあるでしょう。それはカウンセラーにとっても同じで、解消された心の傷もあれば、今でも残っている心の傷や悩みはあります。

心理療法・カウンセリングでは、悩みやトラウマの全てに取り組んでどうにかしなければいけないわけではありませんし、ケアだけが絶対的な方法や目的でもありません。

心理療法・カウンセリングの本来の目的は、よりベターな未来が過ごせるようになることです。

そこでよりベターな未来を目指すには何が必要なのかを考えていくわけですが、その際、悩みや過去の心の傷がネックになって、どうしたら良いのかわからなくなることもあります。

そんな時、心理療法・カウンセリングをご希望していただけると、ネックになっている悩みや心の傷は何か、それとどう向き合うのか、ケアを進めた方が良いのか、進めるとしたらどのような方法で進めていくと良いのかを考えることができ、ある程度見えてくるとよりベターな未来を目指して進めていくことができます。

どの方向がベターかは人それぞれ異なります。ただ、共通するのは一人である程度悩んでもどうしたら良いのかわからない場合、当オフィスでご相談いただければ、少なくともどの方向に進むと良いのか、何が必要なのかなどの道を見つけられる可能性は高まります。

一つ一つを丁寧に、またいらっしゃった方お一人お一人に適したオーダーメイドの心理療法・カウンセリングを提供していきたいと考えております。

主な保有資格

【心理学関係】

臨床心理士(登録番号:23572)
公認心理師(登録番号:18563)
日本EMDR学会EMDR EMDRパート1、パート2トレーニング修了
(日本EMDR学会EMDR治療者リストに私の名前が掲載されています。)
ブレインスポッティングPhase1、Phase2トレーニング修了

【福祉学関係】

社会福祉士(登録番号:189408)
精神保健福祉士(登録番号:73161)

所属学会・協会

日本心理臨床学会
日本臨床催眠学会
日本EMDR学会
東京公認心理師協会